一般社団法人 全国伝統産業承継支援

伝統産業の事業承継の支援組織です。永年、中小・零細企業の事業承継問題に携わっています。

一般社団法人全国伝統産業承継支援

ホーム ≫ 伝統産業200年戦略 ≫

『伝統産業200年戦略』構築セミナー

社長さんの都合に合わせて開催する
1対1 オンライン個別セミナー

コロナ禍による経済不況は2023年まで続く!
経営者は、今、何をするべきか?
 
~コロナ禍を生き抜く経営戦略を考える~ 
『伝統産業200年戦略』構築セミナー
   
新型コロナウイルス感染症による影響で、多くの国内企業が大幅な売上ダウンで苦しみ、廃業や倒産が絶えません。創業100年を超える老舗企業も例外ではありません。約3万社が『200年企業』をめざしていますが、前途多難が予想されます。
巷ではコロナ禍による経済不況が2023年まで続くとも言われています。
そこで、コロナ禍に負けず生き残りをかけた『伝統産業200年戦略』の構想を考えて見ませんか?

社長! 生き残るためにこの3つをやりましょう!

200年戦略を実現する「三本の矢」

 

Ⅰ.本業強化で稼ぐ力を高める

自社の「強み」と「独自のウリ」を活かしているか?
「攻撃は最大の防御なり」企業経営にとって、攻めの経営は欠かすことができません。長く続いてきたからには、他社に勝るキラリと光るものがあるはずです。自社の「強み」と「独自のウリ」を見つめ直し、攻めの経営を行うことで本業を強化しましょう。

Ⅱ.収益強化で経営を盤石に

これからは一つの事業だけでは生き残れない!
「適者生存」時代の変化に対応した者だけが生き残る。ダーウィンの進化論です。現代は変化の激しい時代です。一つの事業だけでは、もはや生き残るのは至難の業とも言えます。そこで、本業を支える第二の柱を構築して、収益を強化しましょう。

Ⅲ.財務強化でキャッシュを潤沢に

たとえ本業が赤字でもキャッシュがあれば潰れない!
予測不能な世の中です。コロナ禍、東日本大震災、豪雨災害など、企業経営を脅かす出来事は突然と襲ってきます。その時、企業を守るのがキャッシュです。キャッシュさえあれば、生き延びることができます。そのためにも、財務を強化しましょう。

コロナ禍を生き抜く経営戦略を考える

「伝統産業200年戦略」構築セミナーを随時、開催しています。

お申込みはこちら

※お申込み用紙(PDF)が開きますので、印刷してFAXでお送りください。

お問い合わせはこちら

〒104-0061 東京都中央区銀座5-6−12 みゆきビル7階
03-6757-7026
[営業時間]9:00~18:00
[定休日]不定休
一般社団法人全国伝統産業承継支援 〒104-0061
東京都中央区銀座5-6−12
みゆきビル7階
03-6757-7026
[営業時間]
9:00~18:00
[定休日]
不定休 伝統産業レスキュー隊

モバイルサイト

一般社団法人 全国伝統産業承継支援スマホサイトQRコード

一般社団法人 全国伝統産業承継支援モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!